体脂肪を落としたい人が知っておきたいホルモン:インスリン

The blog cover for the page about Insulin.

体脂肪を落としたい人が知っておきたいホルモン:インスリン

カラダの中では
たくさんのホルモンが分泌されています。


以前のブログでシェアした
グレリンレプチンと同じく



インスリン
カラダ作りに直結するホルモンです。

 

 

インスリンという言葉は
多くの方が知っていると思いますが


体脂肪は落としながら
筋肉はつけてカラダづくり
をする
という人は


必ず知っておきたいホルモンです。

 

インスリンはいつ分泌される?

 

食事をすると
消化で食べ物が分解されます。


食べ物がエネルギー源の
糖や脂肪となり


血液中に流れて行くと
それを脳が察知して


血中の糖と脂肪の量に応じて
すい臓からインスリンの分泌
が始まります。

 

食べ物がエネルギーとして
使われるために
必要なインスリン

 

インスリンが分泌されると
血糖値が下がると言われるのは


糖が細胞の中に入って行くときに
インスリンが
細胞の入り口を開く鍵の役割
をして
結果として血液中の糖が減っているから。



インスリンが分泌されて正常に働くことで
初めて糖が細胞の中に入って
エネルギーとして使われます

 

 

体脂肪がカラダにつく原因



エネルギーとして使われる糖は筋肉へ
必要以上のものは
蓄えるために肝臓に運ばれます。

でも
インスリンが正常に働いていなかったり
量が足りないと
血液中の糖や脂肪がが溜まってしまい


最終的に
使われなかったエネルギー源が体脂肪に
なってしまいます。

 

インスリンが正常に働いていないと
体脂肪が増える!

 

インスリンが正常に働かない状態を
インスリン抵抗性と言います。

 

レプチンのブログ()では

レプチンがたくさん出過ぎると
カラダがそれに慣れてしまって
カラダが満腹感を感じられなくなる

ということをシェアしました。



インスリンでも
全く同じことが起きます。

 

必要以上に食事を食べて
糖や脂肪を大量に摂取し続けると
大量のインスリンが分泌されます。


本来なら
インスリンのおかげで
糖が細胞に移動して
エネルギーとして使われますが



そのサイクルを継続して
カラダが大量のインスリンに慣れてしまうと


インスリンがたくさん分泌されても
血糖値を下げることができなくなります

 


すなわち
使われずに残った糖や脂肪が
体脂肪になってしまいます!

 

 

体脂肪を落とすためには
インスリンが正常に働いていること
欠かせません。

 

あなたのインスリンは
正常に働いている?

 

インスリン抵抗性がついて
正常に働かなくなっているのかどうか
確実に知るためには

病院で血糖値のチェック
を受ける必要があります。

 

ただ、インスリン抵抗性が
ついていない場合でも
食事や運動による生活習慣で
機能が低下している場合があります。

 

インスリン抵抗性は
症状や感覚だけではわかりませんが


リスクの高い人は
以下と言われてます。

 

・肥満(特にお腹の脂肪)
・運動不足
・炭水化物の多いの食生活
・脂肪肝
・糖尿病の家系
・喫煙
・45歳以上

 

 

じゃあどうすればいい?

 

食事は毎食炭水化物に偏りがち
運動も特にしていない
体脂肪が年々増えている

という場合はどうすればいいのか。

 

1 筋トレをする!

 

筋力トレーニングでは
体内の糖質を多く使います。

インスリン抵抗性が高くなってしまい
血糖値が高くなってしまっている場合

筋力トレーニングで
血液中の糖質を使うことで
血糖値のコントロールをすることが
推奨されています。

 

そうすることで
使いきれなかった分の糖質が
脂肪として蓄積されることを
防ぐことができます。

 

2 有酸素運動をする

筋トレは
使いきれない糖質を使い切るためであるのに対して

有酸素運動は
インスリン抵抗性を改善すると言われています。

 

3 野菜と食物繊維を増やす

野菜の中でも
特にβカロチンには
インスリン抵抗性を下げる可能性がある
と言われています。

また
炭水化物だけ食事を済ませないよう
満腹感が高まり
血糖値の上昇も抑えると言われる
食物繊維の量も増やすと良いと
言われています。

産後のカラダにはまずリハビリ!
おうちでできるFIT momはこちら

 

YouTubeチャンネルはこちら

 

おうちでボディメイクを成功させたい方はこちら

 workout for beauty(Coming soon!)

 

References

Kawahara,R. et al. (1998) Relationship between Plasma Leptin Levels and Insulin Resistance in Obese Subjects with Glucose Intolerance.

Legro, R.S(2009).Insulin Resistance in Women’s Health: Why It Matters and How to Identify It. 

Insulin resistance.  https://www.webmd.com/diabetes/insulin-resistance-syndrome

Consumption of antioxidant-rich foods is associated with a lower risk of type 2 diabetes, study shows. by Diabetologia