食事制限でリバウンドする原因:レプチン

About Leptin

食事制限でリバウンドする原因:レプチン

 

レプチン

 

前回シェアしたグレリン(記事はこちら)とは反対の働きをするホルモンであるレプチンについてシェアをしていきます。 

 

レプチンは体脂肪から分泌される!?

 

レプチンは満腹感を感じさせるホルモンで、脂肪細胞から分泌されます。私たちの体脂肪は体温を保持するためだけではなく、食欲を抑えるためのホルモンも出ているんです。

 

 

About Leptin

 

レプチンはカラダにエネルギーが十分にあるというシグナルを脳に送り体内のエネルギーを消費するように促す、あなたの体内でパーソナルトレーナーのように食事の管理や運動の指示をしてくれるものです。

 

体脂肪を減らしすぎてしまうとこのレプチンも少なくなってしまい、その結果、食べても食べても満腹感を感じられなくなることがあります。そいうい意味でも体脂肪率は適正に保っておくことが長期的にホルモンバランスを維持する上では大切になってきます。

 

 

肥満の人は、脂肪が多いためレプチンが普通体型の人よりも多く分泌されているはずです。レプチンがたくさん分泌されていれば、脳はお腹がいっぱいだと認識して食べるのをやめられるはずです。じゃあ、どうして食欲がコントロールできなくなってしまうのでしょうか。

 

実は、レプチンが正常に働いていないと食べても食べてもお腹がいっぱいにならなくなってしまうことがあります。

 

 

空腹感が収まらなくなる
レプチン抵抗性とは

 

レプチンがたくさん分泌されることは本来はいいことのはずです。でも、何事にも「適正量」があります。カラダがたくさんのレプチンに慣れてしまって、レプチンが分泌されているのにも関わらず機能しなくなってしまい満腹感を感じにくくなってしまうことがあります。

 

 

食べても食べてもお腹が膨れないという人は、レプチンが機能していないレプチン抵抗性(耐性)がついてしまっている可能性があります。

 

本来なら多く分泌されれば食欲が減るはずなのに、食事をしても食欲が一向に減らず、その結果、より多くのレプチンがどんどん分泌されるという悪循環になっています。

 

 

じゃあどうすればいい?

 

今すぐ改善できることは3つあります。

まず、頑張って運動して食事制限をする前に、まずは適切な睡眠を取ることが最優先です。レプチンは眠っている間に分泌されるということがわかっています。

 

そして2つ目は、単にカロリーを減らすダイエットから卒業すること。カロリーを減らそうとお腹が減っても我慢して空腹が満たされないと満足感を感じさせるレプチンが分泌されず、空腹のシグナルであるグレリンがどんどん分泌され、ホルモンのバランスは更に崩れていきます。最初の数日は我慢できても、その後には必ずと言っていいほどリバウンドがおきます。それは、食事を減らしてしまったことで満腹ホルモンであるレプチンの分泌が少なくなってしまい、ホルモンバランスをもとに戻そうとカラダが働くためです。

3つ目、具体的には糖質の多すぎる食事はできるだけ避けること。砂糖の大量に入った飲み物やおやつをやめてみましょう。それだけでもホルモンのバランスは大きく変化します。その代わりにタンパク質が多く、そして食物繊維を摂取しましょう。

 

 

産後のカラダにはまずリハビリ!おうちでできるFIT momはこちら

 

YouTubeチャンネルはこちら

 

おうちでボディメイクを成功させたい方はこちら

 workout for beauty(Coming soon!)