忙しくても食事管理を続けるためのマインドセット

mindset for food

忙しくても食事管理を続けるためのマインドセット

 

 

これまでたくさんの方のボディメイク に関わる中で、食事管理や運動を続けることが難しいと感じる理由で圧倒的に多いのは忙しさと知識不足です。

 

 

 

同じインプットからは同じ結果しか生まれない

 

まず最初に考えること。

 

それはあなたは忙しくても本当にカラダを変えたい?ということ。

 

痩せたい、お腹を引き締めたい、もっと体型が引き締まっていたら人生が楽しいのにと年中呟いている人もいます。

 

でも、結果だけに焦点を当てていない?と一度考えて見てください。同じインプットからは同じ結果しか生まれません。これまでと同じ知識と同じ生活を送っていて、突然カラダが変化することはありません。

 

 

 

身体を変えることはライフスタイルを変えること

 

だからこそ、インプットを変える必要があります。

 

ここでいうカラダを変えるということは、一時的に絶食して頑張って痩せることや、数ヶ月間必死に頑張って身体を絞ることではありません。

 

身体を絞る、痩せると言った結果だけに固着してしまうと3日間絶食することも、怪しいダイエットサプリも全て同じに見えるかもしれません。

 

あなたにとって身体を変えるというのは、とにかく太りたくないからといってほとんど食べず、いつもいつも我慢して好きなこともできずに過ごすのか、それともいいイキイキした生活ができるように体力があって、余分な脂肪がついていない引き締まった身体なのか。あなたの目標を明確にしてみましょう。

 

もしあなたが後者を目指しているなら、3日間の絶食や怪しいサプリメントを使うことでそこにたどり着けるでしょうか。

 

冷静に考えてみると当たり前のことでも、これだけ情報が飛び交う世の中では進むべき道を見失っている場合がたくさんいます。

 

WORKOUT for beautyでは知識をつけて、自分で判断できるようになることで長期的に続けることができるライフスタイルを作ることです。そのライフスタイルの結果があなたの体型や心、そしてあなた自身となります。

 

 


毎日の生活を変える心の準備はできてる?

 

これにYesと答えられれば、正しい知識と正しいやり方を身につけて続けることができれば、(先天的に代謝に異常がない限りは)必ず体型は自由にデザインできるようになります。

 

 

 

STEP1:自炊or外食?

 

自分のライフスタイルに合わせて、自炊を中心にするのか外食を中心にするのか考えましょう。

 

自炊といっても最近は全て材料がまとまっているミールキットや、家事を外注して作り置きをしてくれるようなサービスも増えているので、そういったサービスに頼るのことも可能です。

 

外食の場合も知識をつけて選び方や食べ方を間違えなければ、外食でも十分にボディメイクに対応できる時代です。

 

あなたの今のライフスタイルや性格に合う形を選ぶことが、長く続けるためには必要です。

 

 

 

Tips:忙しい時期の選択肢を作る

 

忙しい時期や疲れている週、急な会食や子供の体調不良など、人間なので想定できない出来事がたくさんあります。

 

余裕のある日はいいのですが、物事がうまく進まない日にはつい簡単にできるパスタだけで済ませてしまったり、手軽な食べ物に手が伸びてしまって食事管理ができないこともあります。

 

そういう時には普段と同じような管理を目指すのではなく、じゃあどうするのかというプランBやプランCを考えておくと、うまくいかないからといって途中で断念することも減ります。

 

例えば甘いものが食べたくなったら代わりにプロテインシェイクを飲む、予め自家製のスイーツを作り置きしておいて市販のお菓子に手が伸びないようにする、小腹が空いてコンビニに駆け込んだ時に買うものを決めておく、家にお菓子をストックしないというような自分ができそう(継続できそう)なことを決めておきましょう。

 

スマホや手帳、冷蔵庫に貼るなど普段目にする場所に書いておくのがオススメです。

 

次は、準備を小さなステップに分けましょう。

 

 

小さなステップにするこの効果は絶大!

 

例えば、手作りおやつを食べるためにはおやつを作る必要がありますよね。大半の人はここまでを想定して、一度はワクワクしながらやってみてできる方がほとんど。

 

でも、実際にそれを続けられる人が少ない理由はなんでしょうか。

 

 

一つは小さなステップを忘れているからです。

 

 

市販のおやつではなく手作りおやつを食べるためのステップは、作って食べるだけではありません。

 

材料を買い揃える、調理器具を準備する(なければ買う)、おやつを作る、洗い物をする、ジップロックに入れる、出かける前にカバンに入れる、というたくさんのステップがあります。

 

 

食事管理のプロセス

 

小さなステップまで想定しておけば、直前になってジップロックがないから持ち歩けない…使った調理器具を洗う気力がない…と言ったトラブルで続けられなくなることも避けられます。

 

手作りお菓子を作るための時間は継続的に捻出できるのか、長期的に考えて気力や体力は持つのか、といったことも事前に想定できます。

 

そんな時間も体力もない!と思った方は、潔く外食や市販のおやつをうまく活用しましょう。大切なのは完璧を目指すことよりあなたが続けられるかです。

 

 

食事管理の本当の意味

 

食事管理というと「食べるものを管理する」ことに焦点を当てがちですが、実際に食べ物を変えるためにはこういった小さなことの積み重ねです。

 

だからこそ、本当にカラダを変えたい?という質問は、そういった小さな行動の積み重ねができる?これまでの生活を変えることはできる?という質問でもあります。

 

 

次回は自炊派、外食派のための食事管理の具体的なステップをシェアします!