産後に痛みの出やすい骨盤周りの恥骨結合と仙腸関節ってどこ?

産後に痛みの出やすい骨盤周りの恥骨結合と仙腸関節ってどこ?

妊娠中や産後は
多くの女性がカラダの色々な箇所に

不調や痛みを感じています。

 

その中でも特に痛みが出やすいのが
骨盤周りです。

 

骨盤の周りたくさんの
靭帯と筋肉が入り乱れていて

 

妊娠中は関節を緩めるホルモンが出ていて
そこに更に赤ちゃんの重みが加わり

それらが引き伸ばされることで
痛みが出たり

産後は弱った筋肉や
緩んだ靭帯をかばうことで
痛みが出ることが多いと言われています。

 

痛みが出た場合は
医師の診察を受けることが第一です。

 

医師から許可を受けた上で
骨盤ベルトの使用を考えていたり
エクササイズをスタートする場合には

 

怪我のリスクを減らすためにも
まずは痛みの出ている場所を

自分で確認してみましょう。

 

痛みの出やすい場所

 

妊娠中と産後に痛みが出やすいのは
恥骨結合仙腸関節の2箇所です。

 

恥骨結合

 

恥骨結合はおへそから真下に辿っていって
一番最初に触ることができる骨の部分。

カラダの前側にあって
左右の骨盤がくっついている場所が
恥骨結合です。

 

恥骨結合の探し方

腰のあたりにある
ぐりぐりした骨(写真1緑の丸)に
手首を合わせて

手で写真のように逆三角形を作った時に
人差し指〜小指の
指先が重なるあたりが恥骨結合です。

 

 

写真1

写真1だと赤い丸のあたりが
恥骨結合です。

 

仙腸関節

 

仙腸関節はカラダの後ろ側
お尻のあたりにあります。

左右の骨盤の骨と
骨盤の真ん中にある骨がつながる部分
これが仙腸関節です。

 

仙腸関節を正確に触るのは
恥骨結合を探すよりも難しく
少しスキルが必要です。

ただ、触ってわからなくても
だいたいの位置を知っておけば
痛みの場所を把握して
対処できる
可能性があるので

 

今回は簡単にできる形で
確認できる方法をシェアします。

 

仙腸関節の探し方

1 足を腰幅に開いて
写真2のように腰に手を当てる

(カラダの前側にあるぐりぐりした骨に
人差し指から小指を当てて
親指を腰の後ろ側に当てます)


骨盤の骨の一番高い縁(写真2 赤い丸)
を探します

 
写真2

 

骨盤の骨は
前側にあるぐりぐりした骨から

後ろに繋がっているので


写真の黄色い線の部分を

前から辿っていくこともできます。

 

 2 仙腸関節を探す

仙腸関節で触ることができるのは
写真3の水色の箇所。

2で探した骨盤の縁の部分から
斜め内側にあります。

 

 
写真3

全然わからない…という場合は
一般的なサイズの下着の
腰のラインのあたりだと考えましょう。

 

 

 

産後のカラダにはまずリハビリ!おうちでできるFIT momはこちら